Breathing

feel the wind

Concept

展示空間における「即今 (いま)・ 此処(ここ) ・ 自己(自分)」に
最大限フォーカスしたものが、本作品です。

この作品では、
照明とスピーカーを搭載したモビールが天井から無数に吊り下げられています。
(音は、大分のそれぞれの市町村よりサンプリング)

来場者の動きによって生じた風が、
これらを動かすことになります。

普段、意識することすらない空気の流れは、
自分の存在によってもたらされています。

「袖振り合うも多生の縁」ではありませんが、
会場の空気感との縁を感じてもらえればと思います。

共同制作者

アートユニット

加藤亮(1984年大分県大分市生まれ)と児玉順平(1984年熊本県熊本市生まれ)による美術ユニット。「制作と生活」をモットーに活動を展開。生活の大半を制作で占める日々を過ごしている。木彫の作品シリーズ「wood figure」をはじめ、多種多様に変化していく時代のすき間を、作品や活動を通して埋めることができないか、表現の手法にとらわれず模索し続ける。

ja
en_US ja
TOP